一緒にショップに行けば愛が深まる!

婚約指輪を購入するタイミングは

婚約指輪といえば、プロポーズの時に贈るものというイメージを持つ人もいるでしょう。
ただ、プロポーズの時に婚約指輪を贈る為には、事前に相手の好みや指輪のサイズを知っておく必要があります。感動的なプロポーズを行っても、贈った指輪に問題があれば、直前の感動が台無しになってしまいます。
そして、好みでないサイズが合っていないという場合、高額な指輪でも身につけて貰えない可能性が出てきます。ですから、婚約指輪選びは慎重に行う事が大切です。
本当に喜んで貰える指輪、そしてサイズがぴったりと合う指輪を贈りたいと考えるのであれば、事前に用意するのではなく、プロポーズが成功をした後に、一緒に買いに行く事がおすすめです。

一緒に買いに行く為の準備

婚約指輪がないプロポーズは、相手をがっかりとさせてしまうのではないかと不安に感じる人もいるでしょう。
そんな時は、指輪のケースのみ、もしくは贈りたいダイヤモンドのみを入れたケースを用意しておく事がおすすめです。そのケースを渡し、一緒に指輪を買いに行こうと伝えれば、指輪を贈る意思がしっかりとある事が伝わります。
贈りたいという意思が伝われば、それだけでも感動的なプロポーズとなります。
婚約後、一緒に何かをするというのは、愛が深まるきっかけとなるものです。
ショップで、一生の思い出となる婚約指輪を一緒に選ぶという行動は、愛を深めたいカップルに最適です。ですから、婚約指輪選びで悩んだら、一緒に買いに行くという選択をするのも良いでしょう。